Kengo's blog

Technical articles about original projects, JVM, Static Analysis and JavaScript.

最近見かける新しいライセンスについて

Elastic社のブログをきっかけに、最近見かける新しいライセンスについて個人的に調べてみた。私は専門家ではないので要注意。公開情報も隅々まで追えているわけではないし。

なお一部ライセンスはOpen Source Initiative (OSI)による承認を受けていないので、ここではオープンソースライセンスではなく単に「ライセンス」と書くことにする。

新しいライセンスが誕生している背景

  • 従来のオープンソースライセンスが再頒布以外の利用をあまり想定していなかった。
  • Open-core modelないし完全オープンソース戦略を採る企業が自衛策を必要とした。
  • 既存のライセンスが難解なため、理解しやすいライセンスが求められた。
  • OSS活動を収入に繋げるためのモデルが試行錯誤されている。

新しいライセンスを導入しているプロジェクト(一例)

プロジェクト ライセンス
Elastic SSPLと独自ライセンス
MongoDB SSPL
CockroachDB BSL *1
Redis Modules 独自ライセンス
MariaDB BSL
Artifex AGPL3と独自ライセンス
Husky v5 License Zero Parity 7.0.0 and MIT (contributions) with exception License Zero Patron 1.0.0

各種ライセンス

GNU Affero General Public License (AGPL3)

言うほど新しくない。2010年に公開されたnippondanji氏のスライドを参照。

Business Source License (BSL)

MariaDBが作成、v1.1が最新。以下説明文をサイトから引用:

BSL is a new alternative to Closed Source or Open Core licensing models. Under BSL, the source code is freely available from the start and it is guaranteed to become Open Source at a certain point in time (i.e., the Change Date). Usage below a specific level in the BSL is always completely free. Usage above the specified level requires a license from the vendor until the Change Date, at which point all usage becomes free.

一定期間後にオープンソースになる(MaxScaleならGPLのv2以降になる)ということは、旧バージョンのサポートをユーザ自身が行うことも他の企業が請け負うことも可能ということ。最新バージョンの開発に注力したいLicensorと、サポートが切れたときの対応を懸念するユーザとの双方に利がありそう。以下のQ&Aはこれを意図しての記載と思われる。

Q: What are the main benefits for a company using BSL for their product?

A: BSL allows anyone to work on the code, both for their own benefit and that of others. It also generates trust in the BSL product, as there is no lock-in to a single software vendor.

このときusage limitsの定義はLicensorに委ねられている。例えばMaxScaleだとサーバ台数で絞っていて、2台までならどのような用途でも制限なく利用可能。このため”自衛策”になると期待される。

ちょっと気になるのはChange Dateの変更タイミングで、FAQには以下のようにメジャーバージョンごとに設定するものとある。マイナーバージョンごとにEOLを設定したいケースもあると思うのだけど。

Q: Will the Change Date remain constant?

A: No. Each new major version of the software will have its own Change Date.

Server Side Public License (SSPL)

今回Elasticが採用したライセンスで、MongoDBも利用している。GPLv3をベースにしているらしい

AGPLv3をベースにしなかった理由として、AGPLv3のRemote Network Interactionの定義が曖昧で市場に混乱を生んでいたと書いてある。GNUのFAQを見ても、確かに厳密性は低いと感じる。ユーザのリクエストを直接受けない、ユーザにレスポンスを直接返さないと解釈・主張できるケースは多数ありそう。なおAGPLv3とSSPLの違いがMongoDB公式サイトで配布されているので、具体的な違いを容易に確認できる。

ソースコードを変更することなく自社サービスのコンポーネントとして提供する場合は、特に制約はない。MongoDBのFAQにも以下の記載がある:

Q: What are the implications of this new license on applications built using MongoDB and made available as a service (SaaS)?

A: The copyleft condition of Section 13 of the SSPL applies only when you are offering the functionality of MongoDB, or modified versions of MongoDB, to third parties as a service. There is no copyleft condition for other SaaS applications that use MongoDB as a database.

プログラムの機能自体をサービスとして提供する場合は、そのサービスのソースコードを公開する必要がある。ここでリンクの有無やユーザにレスポンスを返すかとかは関係なく、"the Service Source Code"すべてが対象になっているのに注目。MongoDBのFAQ "What specifically is the difference between the GPL and the SSPL?" では以下が対象になると書いてある:

the software it uses to offer such service under the terms of the SSPL, including the management software, user interfaces, application program interfaces, automation software, monitoring software, backup software, storage software and hosting software, all such that a user could run an instance of the service using the source code made available.

無理ゲー感満載である。もしここで言うsoftwareがクラウドベンダーが持つIaaS/PaaSをも対象とするなら、事実上不可能と言えそう。

この制約はオープンソースライセンスとしては強すぎるようで、OSIからOpen Software Definitionに明確に不適合だと言われているそう。 21日にはOSIからThe SSPL is Not an Open Source Licenseという声明も出ている。

Parity Public License

Husky v5が採用しているライセンス。7.0.0が最新。GitHubで各種ドキュメントが公開されている。あまりアクティブじゃなさそうというか、さほど導入実績がなさそうというか、Huskyもよく使う気になったなぁという感じ。READMEにはアーリーアクセスが完了したらMITに戻すとも書いてあるので、試用という立ち位置なのだろうか。

無償で自由に使えるし共有も可能だが、ライセンスされたソフトウェアを使ってビルドされたソフトウェア(software that builds on it)もまた同様に公開されなければならない。このbuilds on itという表現が珍しい。Huskyで使われているということは、ライブラリとしてリンクしたソフトウェアだけではなく、このソフトウェアをdevDependenciesに入れて利用したすべてのソフトウェアに対して効力があるものと推測される。ホントか?

またライセンスにDon’t make any legal claimという文が入っているのも気になる。Facebookが”BSD + Patents”でやらかしたのと何が違うんだろう。ここまでくるとIANALなのでさっぱりわからない。

Patron License

Husky v5が採用しているライセンス。1.0.0が最新。他のライセンスと組み合わせて使う。 支払いを行うことで他のライセンスが持つnoncommercial or copyleftの制約を外すことができる。つまり商用利用やソースコード改変がしたかったら支払いをするように、ということ。

Husky v5は自身のライセンスを「License Zero Parity 7.0.0 and MIT (contributions) with exception License Zero Patron 1.0.0」としているが、整理すると:

ということらしい。Huskyは2年前からnpm install時に寄付を呼びかけていたので、金銭的支援を得ることがライセンス導入の主目的と思われる。サービスではないOSSが選択可能な収益につながるライセンスは現状他になさそうなので、Huskyが先鞭をつけてくれるといいなぁ。

結局こうしたライセンスは勝手に "as a Service" されることへの自衛策になるのか

  • BSLを適用することで、サーバ台数などに制限をかけることができそう。Elasticの語る将来の計画を見る限りでは、有償モジュールの代替機能開発・利用を禁止する拘束力を持たせることも可能と見ているのかも。
  • 完全にソースコードを公開しているプロジェクトの場合、AGPLを適用しても"as a Service"への抑止力は得られないが、サービス提供側に改変内容を公開する必要性が生じる。それでも大規模なインフラを持っているクラウドベンダーに目をつけられると競争力を発揮できなさそう。
  • Open-core戦略を採るプロジェクトの場合、AGPLを適用しても"as a Service"への抑止力は得られないが、サービス提供側に改変内容を公開する必要性が生じる。非公開モジュールと同じ機能を持つモジュールをクラウドベンダーが実装し"as a Service"を実現することに対する抑止力をどう持たせるかが課題か?
  • SSPLを適用することで、プログラムをコンポーネントとして使うユーザの自由を確保しつつ、"as a Service"への抑止力を得ることができる。
  • Patron Licenseは商用利用自体を制限するライセンスと組み合わせなければならず、"as a Service"だけを制限したい場合には使いにくそう。

揺らぐオープンソースの定義

これらのライセンスを適用すると厳密な意味でのオープンソースではなくなるわけだが、より強力かつ実情に沿ったコピーレフトを実現するという意味でも、オープンソースの定義自体が更新を必要としていると見ることもできそう。"as a Service"を自由に提供できるのも、ひとつのopennessではあるわけで。

ライセンスが乱立しても良いことはないので、OSIなどの団体がいずれBSLなどを追認するような流れになると良いなぁと思う。

以上。間違っている箇所があれば、はてなブックマークTwitterでご指摘いただけるとありがたい。

更新履歴