Kengo's blog

Technical articles about original projects, JVM, Static Analysis and JavaScript.

GitPodでJavaプロジェクトを開発する

GitHub Codespacesがなかなか個人向けに来ないので、changelog.comで宣伝していたGitPodを試しています。 どうも公式のJava向けの説明が古いようで、既にDeprecatedになっているtheiaを前提としているため、調べたことをメモしておきます。

最新のJavaを使う

普通に gitpod/workspace-full イメージ内でJavaを起動すると、Zuluの11が使われていることがわかります:

$ java --version
openjdk 11.0.12 2021-07-20 LTS
OpenJDK Runtime Environment Zulu11.50+19-CA (build 11.0.12+7-LTS)
OpenJDK 64-Bit Server VM Zulu11.50+19-CA (build 11.0.12+7-LTS, mixed mode)

SDKMANやhomebrewが入っているので好きなバージョンを入れてもいいですが、ワークスペースを立ち上げる度に実行するのは面倒なので、 azul/zulu-openjdk のようなイメージを使ってしまうのが楽でいいと思います。

# .gitpod.yml
image: azul/zulu-openjdk:16

Mavenの依存をダウンロードしておく

Mavenの場合、dependency:go-offlineプラグインや依存をすべてダウンロードできます。 これをイメージ作成時に実行しておくのが良さそうです。

# .gitpod.yml
image: azul/zulu-openjdk:16

tasks:
  - init: ./mvnw -B dependency:go-offline

Gradleの依存をダウンロードしておく

Gradleには標準的な手法がないので、単にビルドを回しておきます。

# .gitpod.yml
image: azul/zulu-openjdk:16

tasks:
  - init: ./gradlew build

Extensionを導入する

Java向けExtensionを3つ入れて様子を見ています。

# .gitpod.yml
vscode:
  extensions:
    - redhat.java
    - vscjava.vscode-java-dependency
    - vscjava.vscode-java-debug

ポートを開けておく

Spring Framework標準の8080ポートを開けておく場合は ports の設定 で足ります。 が、URLの取得にgpコマンドが必要なので azul/zulu-openjdk ではなく gitpod/workspace-full をベースとしたイメージを用意する必要があります。URLの決定ロジックがいまのところ非常に単純なのでなくてもなんとかなりそうではありますが、一応。

# .gitpod.yml
image:
  file: .gitpod.Dockerfile
ports:
  - port: 8080
# .gitpod.Dockerfile
FROM gitpod/workspace-full
RUN bash -c ". /home/gitpod/.sdkman/bin/sdkman-init.sh && sdk install java 16.0.2-zulu"

バッジを付ける

バッジはDiscourseに落ちています。 README.md とかに貼っておくと、Contributorの敷居が下がって良いんじゃないでしょうか。

community.gitpod.io