Kengo's blog

Technical articles about original projects, JVM, Static Analysis and JavaScript.

2018年のOSS活動状況まとめ

GitHubによると、今年は合計950 Contributions(25日時点)でした。仕事でほぼ使ってないのにこの数字というのは、多いのでしょうか少ないのでしょうか。

SpotBugs周りの開発

2018年もSpotBugsが一番活発な開発でした。新機能開発はほぼ無く純粋なバグ修正がほとんどですが、リリース周りも担っていたので100 commitsを超える貢献をしていました。

f:id:eller:20181225115534p:plain
contributors of spotbugs 2018

同organizationの他プロジェクトでもsonar-findbugs 48 commits, spotbugs-gradle-plugin 43 commits, spotbugs-archetype 17 commitsという感じで、Mavenプラグインを除けば最も活発なcontributorでした。

個人プロジェクト

個人プロジェクトではrtd-bot 72 commits, errorprone-slf4j 46 commits, findbugs-slf4j 44 commits, gradle-helper-for-java-8 40 commits, javadocky 39 commits, what-is-maven 13 commitsという感じでした。

rtd-botで使っているGitHub Probotはいろんな自動化が気軽にできそうで楽しいです。Sentryでサービスの監視をしていますが、Heroku上でChromeが起動しないことがあり、サービス自体はあまり安定させられていません。コストを掛けてサーバのスペックを上げないと解決でき無さそうなので、Read The Doc側のAPIが整備されるのを待つ形です。

今年でErrorproneプラグインもだいたい書けるようになり、これでPMD・Checkstyle・SpotBugs(FindBugs)・ErrorproneとJava周りの静的解析ツールはひととおりプラグインを実装できるようになりました。最近はJenkinsやMavenプラグインに加えGradleのプラグインも学習中なので、ビルド周りの自由度はだいぶ上がった気がします。

個人的に気になっているProject Reactorについては、Javadocky以外に使いみちを見いだせていないのが残念な感じです。流行りのサーバーレスと合わせるならSpring Cloud Functionのような使いみちになるのでしょうが、そもそもサーバーレスではSpring自体ほぼ使わないという……。GraalVMでの起動高速化が一般的になれば別でしょうが、それまではJavaを利用しないという選択肢も有力だと個人的には考えています。

来年の抱負

SpotBugs本体は旧バージョンのメンテナンスを止めて新機能開発に注力できる予定なので、以前からやりたいと話しているマルチスレッド対応を盛り込めればと思っています。1年でできるとは正直思ってませんが、とりあえず依存関係を整理してスレッドアンセーフなクラスを特定することはできるでしょう。おそらくBCELに依存するほぼすべてのDetectorがダメだとは思いますが……。

加えるなら、TypeScript・Kotlin・Rustといった言語の開拓でしょうか。基礎はもうあると思いますし、簡単なツールなら実装済みなのですが、もう少し複雑な事例も経験しておきたいところです。