Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Kengo's blog

Technical articles about original projects, JVM, Static Analysis and JavaScript.

CI用語を使わないJenkins入門

Jenkins

Jenkinsの使い方と狙いについて話す機会があるので、自分の考えをまとめる。 時間節約と内容簡素化のため、CIとJenkinsとを分けて説明するのではなく、開発者なら共感できるであろう表現によってJenkinsとCIの双方を説明することを目指す。なお「品質」の定義について、ここでは明確には定めない。

アジェンダ

  • Jenkinsはいろんなことを自動化するサービス
    • 人間に「人にしかできないこと」へ注力させるため、機械の執事を雇って自動化する。
  • 自動化の恩恵は「省力化」と「コミュニケーション促進」
    • 省力化: 人間に「役割」へ注力させるため、Jenkinsは各種「役割」の補佐を行う。コンパイルやテスト、情報収集や統計などルーチン作業を通じて人間が思考し判断することを助ける。ゴールは「人が行うルーチン作業」と「作業完了待ちによる暇」をゼロにすること。
    • コミュニケーション促進: 「役割」間の連携を促すため、ハブとしてコミュニケーションを促進する。組織内での作業重複を排し、各「役割」に必要な情報を必要な形で提供する。ゴールはコミュニケーションによって価値を想像すること、そのサイクルを早めること。

省力化

  • 「ルーチン処理を」「何度も」「同じように」「速やかに」やることには、高い価値がある。
    • 品質を保つには、頻繁に現状を確認する(可視化する)のが近道。
    • 1日に1回確認するのと週に1回確認するのでは、問題発見の早さも対応工数も大きく変わってくる。
    • 理想は変更があるごとに確認すること。Gitを使っているなら、Pushがあるたびに確認すること。
    • これを人にやらせるのは効率が悪いだけでなく、「人にしかできないこと」の邪魔になるので、省力化が必要になる。
  • Jenkinsは機械なので、こうしたルーチン処理の実行に向いている。
    • 機械なので疲れないし教育コストが安い。指示したとおり、同じ作業を何度も間違いなく行ってくれる。
      • 人は増やすと情報を伝え教育する必要があるが、Jenkinsならサーバを追加すればそのまま性能増になる。
      • クラウドが普通になった今、サーバを追加するのは非常に簡単で安い。
      • 変化が多く資産が積み上がる現場では、そうした手法で能力増強できるのは魅力。
  • 「人にしかできないこと」とは「判断」と「成長」と「休息」
    • 判断
      • 実装。バグ修正。品質の管理。スケジュール。開発効率の見直し。開発環境や開発手法の改善。
      • 思考や判断のための材料作りは、Jenkinsでできる。コンパイル、テスト実行、静的解析、カバレッジ測定など。
      • いつ何のためにどのような判断をするのかを人間が考え、あらかじめ判断材料を機械に蓄えさせておく。
      • バグが出たら失敗する自動テストも、バグを「発見」するための判断材料と言える。人間が実装し、機械が実行する。
    • 成長
      • 成長には問題を細分化すること、仮説をたてること、検証をすること、実行すること、振り返りをすることが必要。
      • 検証と振り返りの材料を蓄積するため、「ルーチン処理を」「何度も」「同じように」「速やかに」行う。
      • 「実行」の手段としても執事は非常に有能。人に指示するよりも簡単かつ確実、チームを超えた影響も容易。
    • 休息
      • 帰って寝る
      • 時間と心に余裕がないと、新しい挑戦を始められない。
  • 人間が「判断」し「対応」するために、機械に課題と問題を「確認」「発見」「通知」させる。
    • コンパイル単体テスト、インテグレーションテスト、静的解析といった「確認」「発見」を日々行う。
    • 問題発生時にメールやIRCなどで、役割を担う人間に「通知」する。
    • 通知によって、行動サイクルの開始を早める。リリース前に気づくことで対応コストを抑え、「休息」の時間を作る。

コミュニケーション促進

  • チーム間コミュニケーションの目的=チーム開発の欠点をなくすため
    • なぜチームが必要か
      • 作るものの複雑さと開発速度を両立させるため
      • やるべきことを明確化し、役割として分担させる
    • チームの欠点とはなにか
      • 「知らないこと」が出てくる=担当外の技術・機能・業務を知らないための悪影響
      • 全体としての知識獲得スピードは向上しているはずなので、これは至極当然に発生する
      • 欠点というより、利点を得るために生じる歪みのようなもの、リスク
  • 欠点を補うために必要な物はなにか=獲得した知識の伝播と、コミュニケーションによる現状把握
    • 獲得した知識の啓蒙・汎用化(「巨人の肩」の形成)
      • 他者に対して報告・共有と言った形で知識を伝播させる
      • 知らなくても問題ないように、汎用的なインタフェースで包んでしまう
        • ビジネスニーズを知らない人でも機能破損に気づけるように、自動テストを書く
        • 技術的バックグラウンドを知らない人でも使えるように、モジュールとして提供する
        • チェックリストをいちいち確認しないでもいいように、ビルドツールに自動チェックをさせる
      • Jenkinsはそういった諸々をサポートできる!
        • 情報を満載したサイトの提供
        • 自動テストの実施
        • モジュール間依存関係の管理、依存先変更によるビルドの実施
        • ビルドツールの実行による自動チェック、ならびにチェック結果の管理・表示
    • コミュニケーションによる現状把握
      • 役割の明確化により、問い合わせコストを下げる
      • 今何をやっているかを伝え、他チームから作業を引き受け重複排除する
      • 自分が管理しているルールやチェックリストを、他チームが守っているか確認する
        • Jenkinsは現状の把握と他チーム連携のトリガーになれる。