Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Kengo's blog

Technical articles about original projects, JVM, Static Analysis and JavaScript.

MSAキャッチアップ用プロジェクトを作りました

Docker docker-compose java original ReactiveX vert.x プログラミング

MSAは理屈が多く、手を動かさないとわからないことが多すぎるので作りました。

ついでに非同期I/OとサーバサイドReactiveを学ぶためにVert.xRxJavaを採用しています。Spring Framework 5は別で学ぶ機会があるので一旦除外。ひとまず試行錯誤できる環境が用意できた状態です。

できていること

  • マイクロサービスごとに独立したMavenプロジェクト
  • docker-composeですべてのマイクロサービスを起動・リンクしての動作確認
  • docker-compose scaleでのマイクロサービスごとのスケールイン・スケールアウト
  • 非同期I/O主体のWEBサーバ開発
  • マイクロサービス間のHTTP通信
  • フロントエンド(UI生成とリクエスト受け付け)とバックエンド(FFmpegによる変換)の分離
  • マイクロサービスごとに個別のDB(postgres)を用意
  • Hashicorp Consulによるサービスディスカバリ
  • Hazelcastをメッセージキューとしたマイクロサービス間でのイベントのやり取り
  • nginx-proxyによるAPサーバ数増減への追随

認識できている課題

  • 共通ライブラリ(common)がある。メッセージキューに突っ込むエンティティ(イベント)クラスを共有したり、UUID生成方法を統一したりするためだが、各マイクロサービスがライブラリのバージョンに対するコントロールを失う可能性がある。エンティティはJsonObjectのような汎用クラスで置き換えるべきかも。
  • マイクロサービス間の通信に非効率なJSON&REST on HTTPを使っている。HTTP/2を入れたりgRPCに切り替えることでどの程度性能に影響があるのか見てみたい。
  • メッセージキュー(Vert.xデフォルトのEvent Bus)がメッセージの伝達を保障しない。解消のために使い慣れたApache Kafkaに置き換えるか、Yahoo! Pulsarを試す機会にしたい。
  • メッセージキューがグループをサポートしない。1つのイベントを複数の異なる種類のコンシューマが受け取るという、コレオグラフィ採用においてわりと重要なことがやりにくい。上述のKafkaかPulsarで解消できる。
  • サーキットブレーカが無い。対象マイクロサービスが動いていないと、サービスディスカバリがNPEで落ちる。Vert.xがコンポーネントを提供しているが、インタフェースがいまいちっぽい。
  • ユーザ認証がない。OAuthくらいは組み込みたい。Vert.xがコンポーネントを提供している
  • 監視の経験を積みたい。Vert.xはHawkular連携用のコンポーネントを提供している
  • REST APIのバージョン管理。HTTPヘッダかURLでバージョンを指定する手法が採れる。
  • 本当にReactiveの利点が出ているか確信がない。特にback pressureについてはできていないのでは、Pumpだけでファイル-HTTP間ないしHTTP-HTTP間のback pressureが実現できているのだろうか。