Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Kengo's blog

Technical articles about original projects, JVM, Static Analysis and JavaScript.

エラーログと例外の扱いについて

社内勉強会向けに作成したエラーログと例外の扱いについて説明したスライドを、Speakerdeckで公開しました。一部社内特化部分(ログレベルポリシーやMSA向けMDC使用法 など)を削除して、口頭で補足した部分を補っています。

これらの理想的な使い方はシステムを設計から運用までひととおり経験してみないとわかりにくいものですが、それなりの規模のシステム企業における業務開発でその経験を得ることはかなり難しいのではないでしょうか。結果、何の意味もなさないログが量産されてシステム運用の邪魔になってしまいます。きちんとポリシーを組んで統一していくか、各開発者が運用を知り納得して良いログを書けるようにしていく必要があります。

マネジメントとは挑戦と成長のための環境づくりだと考えている私にとって、ポリシー策定よりは「きちんと運用を知り自発的に支えになれる開発者」になれるための情報伝達こそがManagerとしてやるべきだと考えており、そのためのアクションがこのスライドというわけです。前回もそうでしたが、しばらくは非機能要件について考えるきっかけと大まかな方向性を提示していければと思っています。

関連する投稿