Kengo's blog

Technical articles about original projects, JVM, Static Analysis and JavaScript.

「他人のせいにしない」ことの意味

私たちは学校や会社などで「人のせいにしちゃダメよ」なんて言われてきたけれど、それは「アンタが何とかすれば何とかなったんだから、全部アンタのせいよ」という意味ではなくて。
「確かにあなたの環境や周囲の人々にも落ち度はあるかもしれないけど、あなたにもできることはあったのではないか?もういちど自分を振り返ってみようよ」という意味なのでしょう。
だから「他人のせいにするな」とは「他人の責任を計算に入れるな、すべて自分の責任と考えろ」という意味ではないはずです。他人の落ち度はしっかりと認め、それをどうサポートすべきだったのかを考えるべきでしょう。


社会人になったらこのあたりの認識が変わる可能性があると思ったので、今のうちにここにメモしておきます。